受験対策

小学生では習い事というと古くは習字やピアノ、そろばんなどが一般的でしたが、現在ではそれにさらに学習塾が加わっています。日本では長い間ゆとり教育ということで土曜日の学校が休みになったり、平日も学校の授業が早く終わるようになりました。これらの弊害が言われていまはゆとりではなく厳しくなったようですが、そのようなゆとりに時代は空いた時間に学習塾や家庭教師などいわゆる受験対策が数多く採られた時代でもあったのです。

これは逆に勉強ができる子とできない子の格差を生んだということを指摘する人も多いです。昔は少数派だったのですが現在では小学校から偏差値の高い中学へ入ろうと学習熱が盛んです。もちろんその舞台は学校ではなく、自宅であれば家庭教師であり、外では学習塾ということになるのです。中学や高校では勉強をする子は放っておいても勉強をします。しかし小学生はそうではありません。周りに流される子も多いですから、親がしっかりとコントロールして勉強できる環境を作らなくてはいけないのです。受験の最終目標は一流の大学に入り、一流企業あるいは大企業に就職することです。その戦いが小学生からすでに始まっているということになるのです。

確かに頭が柔らかく、柔軟性に富んだ小学生の時分から勉強癖をつけておくことは大事です。一流大学に入った学生に聞くと中学生のときにいかに基礎的な知識をつけておくかがのちの大学受験に大きなプラスになると口を揃えて言っています。 これらのことから、やはり受験対策は早めに取り組んだ方がいいということになります。